キャンディ☆のそばかすなんて気にしないわ。

ムダにポジティブシンキング★ ムダに多趣味な、乙女っこクラブのつれづれ日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は。
とってもうららかな秋の一日。

おてんとさまから。
さんさんと秋の視線を浴びて。

おひさしぶりにちゃりんこ乗って。
お隣町の映画館に行ってきましたー♪♪♪

そして。
そんなちゃりんこを乗りながら。
あー、2年前のうららかな秋の日に。
高速教習頑張ってたなーと。

あれから2年かーっと。
感慨深く時を刻みながらすーいすいと。
ままちゃりをこぎましたー。


どうもーー☆


なんだか。
いきなり感傷にひたってしまいましたが。
今日もにっこりスマイル、キャンディ☆ですー♪

そんな。
本日は、待ちに待って待って待ちほうけた。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を見に行ってきましたー♪♪♪

きゃっほーい☆


先日。
いまさらながら。
テレビで見て。

もう、ほんっと感動しちゃって。
あれから毎日、暇さえあればバンプの「花の名」聴いて。
自分盛り上がりしちゃってたくらいに。
ALWAYSにハマっちゃって☆

とにかく。

あんなすてきな映画の続編ですから。
もう、朝起きたときからテンションあげMAXでしたー!!!


「前作終了から4か月後。
 昭和34年に春の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。

 パワーアップしたVFX技術により東京駅、羽田空港、日本橋
 また当時開通した、こだまもリアルに再現。

 情緒あふれる風情で物語を引き立てる。」
 (Yahoo!レビュー)

 


まず。
ほんとCGすごいなーって、改めて関心しちゃったわ。
技術って、すごい、すごすぎですよ!!

リアルすぎですよ!!

今の時代でないと思えない!!
CGって考えられないくらいにすごすぎですよ!!
前作もすごいなーって思ったけど、たぶん。
続編のほうが、その辺、もっとすごいと思う!!!

しかも。
映画開始早々。
お遊び、入れちゃってるし


そーしーて!!!

鈴木オートがまたオモシロイ!!
堤真一さん、さいっこーですわ!!
プーしてるし!!いい!!ほんっとにイイ!!!

六ちゃん?
もう、やばいかわい杉なんですけど!!
前作もかわいかったけど、今回は女性として。
磨きがかかったわね!!

薬師丸ママの作った衣装とおそろいのカチューシャ☆

あれ、さいっこーーーーー!!にかわいい!!
わたしも着たい

あれ着て。
石原裕次郎見に行っちゃってるんだから。
もう、ラブラブラブ

いっぺーちゃんも。
よかったなー、この子こそがほんと。
続編のキーパーソンだわよ。

なんかのレビューで。
続編はいっペーちゃんが鍵となるって書いてあったのよんだけど。
ほんと、そのとうりだった!!!

鈴木オートの影の主役☆
甘ったれのやんちゃ坊主。
かわいいなー

そして、ママ。
わたし、ほんと薬師丸さん好きだわー。
ALWAYS の世界をほんとそのまま表現してて。

鈴木オートや六ちゃん、いっぺーちゃんと。
めちゃくちゃ濃いいキャラに囲まれてもひけをとらない。
ほんと、こんなママがほしかったなー。

茶川商店は。
ええ、今回もまた泣かされたわー。

途中。
あのへんのシーンなんかは。
ちょっと予想できてたんだけど。

それでもやっぱり。
映像で見ると、ものっすごく心にじーんときて。
純粋に涙が出てきたなー。

わたし。
ほんとにこの作品を見ることが出来てよかったと思う。
ものすごい幸せだなーって思った。

すごく好きになった映画の続編。
続編作ってくれてありがとうって思う。

続編を見ることが出来て、ほんとほんとうれしい。

こんな風に思える映画って。
すごく少ないよね。


なんたって。
1からキャストが一人もかわってないんだよ。
それが一番、うれしいことなのかもしれない。

でも、それくらい。
製作してた側の思いも詰まっている続編だったのかも。
もたいまさこだって、あくまの先生だってみんなみんな。

あ、そういや、瀧さんがいた・・・。


だから。
1の製作から、年数が経過してても。
ほんとに4ヶ月後の設定として違和感がなかった。

それってほんとは、すごく難しいことだと思うんですけどね。
やっぱり思いいれ強いんだろうなー。
それがまたうれしいなと。

そして、わたしも。
素直にこの映画をいい映画だったと感じれることがうれしい。
ひねくれてない自分でよかったって心から思う。

あー。
書き出すと止まらないー。

そういや。
ずっと気になってた、六ちゃんと同郷のたけおくん★

この子どっかでみたことあるなーって。
ずーっとずーっとずーーーと気になって仕方なかったから。
さっき、ちょっと調べちゃったんだけど。

キッズ・ウォーの子だった!!!
茜ちゃんを好きだった男の子!!!
赤毛の子!!!

大きくなっちゃってー、もう!!
井上真央ちゃんといい、みんなもう。
キッズ・ウォーを録画してまで見てたわたしは。
なんだか勝手に親気分♪



しかし、いい映画だ。
おかげで映画見た後に寄ったお手洗いで。
自分の顔見てびっくり。

なんと。
オレンジチークの上にくっきりと涙の線が!!
涙がこぼれおちたところだけチークが消えてる!!
ちょっとウケタわー。

さー。
映画見たその足で。
バンプのCD買ってきて。

もちろん。
現在もリアルタイムでエンドレスリピート中★

あー、しあわせ


もう一回。
映画見に行こうかなー。


スポンサーサイト
テーマ:ALWAYS 続 三丁目の夕日 - ジャンル:映画
よ・う・こ・そ、日本へ~♪


どうもー☆


最近。
シャンプーをTSUBAKIに変えてしゃれっけづいた。
キャンディ☆ですー♪♪♪

うふふーん。


さーて。
本日もしつこいくらいに小栗旬ネタを少々。

てか。
昨日の情熱大陸、見ましたかー?
小栗旬、かっこEーってかなんだあのスケジュール!!

びっくりたまげたわ!!

確かに。
わたしも、最近、小栗週間と呼んでたくらいに。
マイHDDにいっぱいいたけど。

あんな仕事量をこなしてたとは!!!
人間として尊敬してしまった!!!


はてさて。
そんな本日は、同じく人としてリスペクトな。
「ニューシネマパラダイス」のトルナトーレ監督作品。
「題名のない子守唄」をはりきってレビュー★
ってか、感想・・・。


「北イタリアの港町を舞台に。
 忌まわしい過去を抱える美しきヒロイン。
 イレーナの愛と謎に満ちた物語を描く。」



まー。
なんと言っても。

あんまり。
予備知識なく映画館に出向いたから。
正直、こんな心臓ばくばくするような映画だとは思わなくて。
トルナトーレ、いつの間に??という感想が正直な本音で。

だけど。
やっぱり本質的にはニューシネマパラダイスを彷彿させるような。
仕上がりであったから、わたしてきにはほんと満足だった!!

それくらい。
濃厚な時間を過ごせましたよー★

なんたって。

あるときは。
ストーリーがついていけなくて。
うーん、うーんと。

映画館でひとり。
首をかしげてみたり。

あるときは。
あまりの映像に心臓ばくばくしすぎて。
過呼吸になってみたり。

そして、そして、あるときは。
あまりの衝撃に本能的に顔を背けたら。
隣に座っていた人の顔をガン見してしまったり。

あるときは。
台風の後のおてんとさまを見た気分になれたり。

あるときは。
主人公の女性の苦悩とともに涙を流したり。

もう。
いろんな感情がわきあがってくるから。
見てるこっちが忙しいー!!!

きづけば。
映画のラストを迎えていた!!
と、いう展開。

パズルのように過去を繋ぎ合わせていく映画ではありますが。
完成したパズルを見るとなかなか満足感を得られる映画ではないかな?と、思っております♪♪♪

ただし。


途中。
ほんっと、見るのは辛いですが。。。

それでも。
ぜひ、最後まで見てほしいと思います。

そんで。

やっぱり。
トルナトーレは最高な映画監督だったなーとあらためて。
心に植えつけてください♪♪♪

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画
どうもー☆


短期集中連載と言いながら。
3日もサボったキャンディ☆でーす。
どんまーい♪♪♪

しかし。
この間に電車男の最終回をようやく見ましたが。
すっごい感動し過ぎてしまった・・・。

エルメスさんすてき
電車くんラブ

やっぱり。
純粋無垢なピュアな恋って。
微笑ましいですね

胸を打たれましたよ!!

はてさて。
そんなときめきいっぱいの本日は。

フランスを代表する。
シャンソン歌手・エディットピアフの壮絶であり
ドラマティックな人生を描いた映画をご紹介☆


「大道芸人の娘に生まれ。
 売春宿を営む祖母に育てられ。
 失った視力を奇蹟的に回復させ。
 街角からデビューした伝説の歌姫エディット・ピアフ。

 不幸な生い立ちとスキャンダル
 「愛の讃歌」はじめ自身の人生を反映させたバラードで
 庶民に支持され、フランスの国民的歌手になった
 ピアフの人生を描く。 」(Yahoo!映画レビュー)



ピアフという人は。

圧倒的な歌唱力を持ちながら、壮絶な人生を送った。
日本で言うならば、美空ひばりさんのような。
ほんとうにフランスを代表する歌手。

そんな。
ピアフの人生を描いた映画です。

わたしは。
以前、美輪明宏さんの舞台で
初めてピアフを知りました。

美輪さんのピアフは。
それはもう、ほんとにピアフが乗り移っていて。
歌唱力、演技力はもちろん。

気持ちの入り方などすべてにおいて。
圧倒されました。

終演後、友人と涙を流しながら帰宅したことを。
鮮明に覚えております。

それくらい。
わたしの中で一度の舞台で、ピアフ=美輪さん。
が出来上がってしまっていました。

そんな。
ピアフの人生を、今度は。
本物のフランス女優さんが演じるわけですが。

正直、わたしの中では美輪さんを越えることは
できないと思っていました。

だけど。
やっぱりどうしても気になるので。
こっそりと見に行ったのですが。。。


感想としては。

女優はすごい
ただし、それだけ。


この一言です。

ピアフを演じた女優さんには。
とっても女優魂を感じました。

美輪さん同様に。
後ろにピアフを感じることができましたから。

だた。
残念ながら、ほんとにそれだけな
感想というのが本音です。

ピアフの人生。

先にも言いましたが。
ほんとにドラマティックな人生を歩んでいるのです。

それなのに。
肝心なところは、割愛。

タイトルにもつけている。
「愛の賛歌」の使い方も中途半端。

期待しすぎていたのかもしれませんが。
わたしは、やっぱりどうしてもピアフの歌が
もっともっと聴きたかった。

ピアフの人生は。
確かにいろんなことがおきてますが。
やっぱり彼女は歌手ですよ。

歌っていてこそ、ピアフ。


もっとピアフの歌を聴きたかった。
・・・少なかったんです。

それが、本音ですね。


ピアフのファンは。
年代を超えて、今なお、世界中に。
何億といると思います。

その、ピアフのファンが。
納得できたような映画なのかと言ったら。
わたしは、うーんと。

首を傾げたくなるような映画でした。

なので。
わたしのレビューにしては。
珍しく☆が少ないです。

それでも。
わたしはピアフの大ファンです。

CDから流れてくる。
愛の賛歌に酔いつつ、今日もピアフばりの。
ドラマティックな恋愛を夢見る27歳なのでした



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画
どうもー☆



明日の。
カラオケ大会を心の底から
楽しみにしまくっているキャンディ☆ですー。
プヒー。

おかげさまで。
本日も暇があればバンプの名曲を聴きまくり。
自宅帰れば、歌いまくりでございますー。

あー。
早く明日にならないかなー。
うきうき☆


そんな。
バンプ一色だった本日は。
先日テレビで見た「ALWAYS 三丁目の夕日」を
「花の名」をBGMに、ごきげんレビュー☆


実は。
わたくし、いままで邦画に対して。
冷めた目線で見ていた人間なので。

正直。
昨年まで、邦画には興味をまったく
示しておりませんでした。

しかし。
あるきっかけから、邦画をほんの少しづつ見るようになり。
「あら?邦画もなかなかすてきじゃない」って。
うすうす感じ始め、そして。

先日見た
「ALWAYS 三丁目の夕日」で
どっかん大爆発☆

最初に宣言しておきます!!

「ALWAYS」

まだ見てないかたは、ぜひ見て!!
今からでも遅くないよ!!



って。
テレビで初めて見たお前が言うなって。
カンジですが。
きゃははん。


しかし。
わたしは、この映画をスクリーン通して
見ることが出来なかったことが大後悔。

それくらい。
すてきな映画でしたよ


「昭和33年の古きよき日本を舞台に
 家族の触れ合いを描いた心温まる人情ドラマ。」 
 (Yahoo!レビュー)



現在の。
わたしたちの裕福な暮らしの基盤を。
作ってくれていた時代。

テレビが家にやってくると。
ご近所さんみんなが集まって大歓声。

シュークリームを。
食べるのも初めてだった時代。


現在では、当然であるために。
なんの感動もしない出来事すべてが。
映画の中の住人には、何もかもが。

初めてで、うれしくって。
楽しかった時代。


この映画を見ると。
やはりものづくりの過程というのは。
人々に新たな感動やモチベーションをもたらすものだな、と。

そして。
そんな時代を作り上げている過程の。
真っ只中で生活している人たちがうらやましい、と。

まあ。
こんなすてきなことばかりではもちろん
なかったとも思うけど。

でも。

それでも。
現在は、コンピュータで何でもできる時代。
インターネットやらケイタイやらとゲームやらと。

そんなものが普及してしまって。
とっても便利だなと思う反面、それでもいいのかなと。
疑問に思ってしまう。

特に、子供の成長が心配。

今度は、子供を育てる側に回る。
わたしたち大人は。

この映画の子供たちの。
純粋無垢な顔を見て。

いや、そんな子供たちにひけをとらないくらい。
いい顔をして生活をしている大人たちの顔を見て。
今の時代に忘れられてしまった何かを。
思い出すべきではないのでしょうか。

まあ、わたしの場合。
いつの日かわからないけど。。。


しっかし。
鈴木オートがいい味だしてたよねー。
堤真一、さいこー。

ついでに。
六ちゃんもかわいすぎるさー。
あんの方言がさいこーでわさー。
(↑ちょっとまねしてみました。くぷぷ)

薬師丸ひろこなんて。
見事に昭和の時代にマッチ☆

この役は彼女でなきゃできなかったよね。
もちろん、堤真一も、堀北まきちゃんもだけど。

個人的には。
そんな鈴木オート一家が大好きです!!!

茶川商店は。
もう、感動の一言。

淳之介ラブ。



出演者、みんながみんな。
ほんとうにすてきです


最近は、ほんと。
不良の映画だったり、ファンタジーなのに
グロテスクな映画だったり、心臓ばくばくな映画だったりと。
難癖のある映画ばっかり見てたから。

ひっさしぶりに。
心がホット☆ホット☆になりました!!


早く、続編みたい!!


そのまえに。
明日のためにバンプの「花の名」をまた練習しよー。
既に深夜だけどね。

むふーん☆

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画
どうもー!!


本日の。
スマスマ見ましたか???
小栗旬でしたよー


まーじーでー。
かっこEー


しおりんのママンも。
めぐりんのお友達も。
そしてわたしとちょーさんも。

みんながハマってる。
いま一番大人気のちょーイケメン☆

しかも!!
再放送でやってる「電車男」にもネットの住人で
こっそりと出演中!!

会社から帰宅して。
「電車男」の録画を見るのがとっても
楽しみな日課になっています☆

ついでにいとーくんがかわいくってしかたない。

ハイ!!

そんな。
とことん現実逃避まっしぐらの
キャンディ☆

既に27歳でーす!!

るん。


そんな。
小栗旬主演の映画「クローズZERO」を。
先日、見に行っちゃいましたー♪♪♪


と、いうのも。
「パンズ・ラビリンス」を午前中に見て。
時間が余ったから・・・というのが。
理由なんですけど。

しかも映画の日だったし。
せんえん☆



まず。
びっくりしたのが客層でした。

若い・・・。

そして。

暑苦しい・・・。

お隣のかたの汗のにおいが。
とーっても充満してましたから。


おそらく。
女子一人で見てる人は数人でしたね。
それくらい、女子高生軍団とか、若者カップルとか。
むさくるしい男性たちとかが多かったです☆

でも。
そういう映画ですから


そう!!
そんな暑苦しい映画「クローズZERO」


正直。
ミーハーるんるんで見に行ったけど。

すっごい。
すがすがしかったよー☆

若者の。
ケンカに対してまっすぐに突き進むカンジが。
とても微笑ましかった!!

純粋に。
演じてる人は楽しいんだろうなーって。
言うのがとっても伝わってきた。

しかも。
最後のケンカのシーンとかは。
ほんっと、みんなかっこいんだわー。
ホレボレ

やっぱり。
なんだかんだ言って、わたしも男くさいひと。
けっこー好きみたいだし。

あーいう。
青春まっさかりがうらやましいなー。
若いっていいなーって。

しみじみ。

まー。
この映画は、内容云々よりも。
てっぺんを取るという目標に向けて熱く
頑張っている純粋な男の子たちの映画だなーって思う☆

まー。
実際、身近にいたら怖くてしかたないけど!!
そこは、映画の世界ということで。


しかし。
小栗旬目当てで見に行ったけど。
山田くんがかっこよかったー。

このまえ。
映画の宣伝でなにかのテレビに出てたのみたけど。
太ったうえに、おひげがおっさんくさくて。
正直、ひいたけど。

この映画の山田くんは。
たぶん、一番かっこよかったわー。

あと。
やべきょうすけさんもさいっこーだった。
愛を感じたわー。

うん。


と、いうことで。
まとめ。


イケメンはスクリーンで見るべし☆


以上!!

テーマ:クローズZERO - ジャンル:映画
どうもー☆



本日。

ま緑のカーディガン。
白いワンピース。
赤いマフラー。

そして。
白いニット帽と。

うっかり。
クリスマス先取りしすぎちゃった。
キャンディ☆ですー。

会うひと会うひと。
「クリスマスですねー、にっこり」って。

まだ11月4日なのに・・・。
おほほ。


さーて。
そんな流行に敏感な、わたくしが。
昨日、宣言したとおりに。

本日から、短期集中連載で。
映画レビューをづらづらと書いていきますよー。
てきとーにチラ見しちゃってくださいー!!

まー。
レビューって言うより。
ただの感想ですけどね

るん。

はて。
初回の本日は。

「パンズ・ラビリンス」


ストーリーはというと。


「1944年のスペイン内戦下を舞台に
 現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える
 少女の成長を描くダーク・ファンタジー。

 ファシズムという厳しい現実から逃れるため、
 架空の世界に入り込む少女を通じて人間性の本質に鋭く切り込む。
 イマジネーションあふれる壮大な視覚技術を駆使して生まれた
 クリーチャーや深く考察されたテーマに根ざした
 巧みな演出が衝撃的。」(Yahoo!映画より)


と、いう。

R-12指定の。
ブラックファンタジー☆


いやー。
ひとことで言うと。

ファンタジーですが。

見れないシーンが多すぎた・・・。

っていうのが。
正直な感想ですね。

もちろん。
主役を演じる女の子はとっても可愛くて。
ファンタジーですからもちろん存在する妖精ちゃんや
守護神パンくんなどはとってもラブ。

でも、でもね。
主人公のおかれている現実がほんと厳しいんです。
直視できないシーンは主にそこ。

それは。
シンデレラなどの童話でよくあるおうちが貧しくて・・・。
継母にいじめられていてて・・・。

などなどの理由とかではなく。

政治的背景と言いましょうか。
うん、独裁政権というものでしょうね。

どこかの。
お国の将軍様のような・・・。

ま、もちろん。
そんな将軍様ですけど、少女自身に。
辛くあたるということがなかったのは救いです。

それでも。
愛情は感じられなかったですけど。

ただし。
その分、母をはじめとする。
女性からはたっぷりと愛情を注いでもらっていました。
そのくだりはとってもホッとします。

でも。

正直、グロイです。

わたしが。
キッズなら、絶対に見れない。怖い。夜も眠れない。
そんでもってママに泣きつく。

それくらい。

映像が。
リアルに血なまぐさい。


「ブラック。」


この色が。
まさにぴったりな映画。

それは。
この物語の軸となる。
地下の国のお姫様の物語だから。


光がなかなか見れない映画。


でも。
内戦というのは。
独裁政権というのは。

こういうものだったんでしょう。
恐ろしい。。。


そんなグロテスクな世界の中で。
はじまる少女の冒険の物語。


好奇心旺盛なひとには。
なかなか見ごたえのあるシュールな映画。

ただし。
ハートウォーミングなストーリーを好む傾向がある人には。
苦痛な時間にもなりかねない映画。


賛否両論だと思う。


ただし。
ひとつだけいえるのは。

光がまったくない映画ではないということ。

そこが。
この映画のファンタジーというジャンルの。
意味であると思います☆☆☆


あ、あと。
血なまぐさいなかにも。
映像は素直にすごいと思ったわ♪♪♪

それは、どういう意味かは。
見てのお楽しみ!!



http://www.panslabyrinth.jp/
テーマ:パンズ・ラビリンス - ジャンル:映画
どうもー♪♪♪



唐突ですが。

やっぱりわたしは映画大好き!!
いままで食わず嫌いしてた邦画だってすばらしいじゃない!!


って。
最近になったようやく気づき始めた
キャンディ☆ですー。

るるるーん。

お元気してますかー?


そんなわけで。
本日からは、おひさしぶりんこな
映画レビュー週間を勝手に開始いたしますー!!

パフパフー。

と、いうのも。
先日の映画の日である11月1日。
映画館をひさびさはしごしてしまいましたー。

テレビでやってた。
「ALWAYS三丁目の夕日」に思いっきり
感動してしまいましたー!!

そこであらためて。
やっぱり映画って楽しい!!
って、感じることができたのですー。

と、いうわけで。
気づけば「プレステージ」を見て以来。
さっぱり書いていなかった。

映画のレビューを。
短期集中連載で、勝手に開始しますー。

書いてはいませんでしたが。
じみーに映画館にはこつこつと足を運んでたんですよ。
うきき

それにしても。

テレビを買って以来。
パソコン起動率がほんき低すぎてしまって。
自分のブログさえすっかり忘れてた日々であって。
わたしでそんなんだからほかのみんなからももちろん。
忘れられていそうなブログなんですが。。。


きゃははん。


ハイ!!

そんなきまぐれ乙女ブログ。

初回の明日は、公開中の映画から。
かいていきますー♪


レッツラ ゴー


テーマ:クローズZERO - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。