キャンディ☆のそばかすなんて気にしないわ。

ムダにポジティブシンキング★ ムダに多趣味な、乙女っこクラブのつれづれ日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日。
リトルダンサーを鑑賞して。
ジェイミーベルくんの。

とっても。
キュートなほっぺたに。
思わずにやにやしてしまった。
わ・た・し

あまりに。
かわいくってかわいくってかわいくって。
もう、そうとうラブラブラブなので。

もういっこの主演作。
「DEAR WENDY 」まで見ちゃいましたー。
きゃはーん。

しかし。
ほっぺが愛らしかった少年は。

すくすくと。
イケメン街道まっしぐらー。

ウェスタンスタイルなんて。
本場のカウボーイもびっくりよーん。

将来は。
オーリーも真っ青の王子に。
なること間違いなし!!

あー。
すてき

だから。
イギリス男性は好きなのよねー。
うふふ。

はて。

お話は戻りまして。
映画のストーリーですが。

実は。
平和主義なわたしとしては。
ちょっと苦手な分野でもあるのです。

と、いうのも。

ディックは炭鉱の町に住んでいたが、炭鉱で働くことを嫌い、
スーパーで働いていた。

ある日、友人の誕生日プレゼントを買うために入った
玩具屋で美しい銃を見つける。

アメリカの炭鉱町でウェンディという銃に魅せられた青年たちが
破滅に向かって突き進んでいくまでを描く衝撃作。
(Yahoo!レビュー)



どうでしょう。

常日頃。
ミュージカル作品などを好んでいる人間には。
少々、刺激が強いと思いませんか?

基本的に。
映画とはいえ、殺人は嫌いなんです。
サスペンスもとっても苦手です。

しかし。

幸いなことに。
この映画はサスペンスではありません。
だから、見れたって言うのもありました。

ただ。
少年たちが興味本位で銃を持つ。

銃を持つことによって。
仲間との結束も生まれ、自信もつく。

しかし。

それが。
最終的に、どのような結末を招いてしまうか。
お分かりですよね??

まあ。
そこに行くまでにいろいろな過程があります。
助けたいと思う、少年たちの気持ちもよくわかるのです。

だけど。
やっぱり。

最終的に。
あの結末に至ってしまうのも納得なんです。
あれでは誰一人として、幸せになれない。

この作品を見て言葉にだせること。
それは。

銃はだめです。
かっこよくもなんともありません。
それをアメリカに問いかけたい。

と、思う。

スポンサーサイト
テーマ:ミニシアター系 - ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。