キャンディ☆のそばかすなんて気にしないわ。

ムダにポジティブシンキング★ ムダに多趣味な、乙女っこクラブのつれづれ日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。
みなさま、こんにちわー

ここ一週間。
プチうつになっていたキャンディ☆ですー。
ご報告ですー。


元気になりましたーー!!


と、いうのも。
わたくしようやく昨日の夜。
ひとつの道を見つけましたーーー!!

あ、それでいいんだーって。
思ってみたらずいぶんと楽になりまして。

おかげさまで今まで不眠気味だったのが。
10時間寝てましたー。
うほほーい。

これじゃ。
やまかつさんのこと言えないや。
おほほ。

ただ。
いまだに結論を見つけた訳ではないので。
これからわたしの前にある道をいくつか模索していく
段階になりますが、でもでも。

それは。
いままでのように憂鬱な気分で選ぶのではなく。
やる気に満ちて選ぶ道なので、うきうきしながら。
考えて行きますーー。

あー。
憑き物がとれましたよー。
スッキリ

目が覚めましたー!!

いやー。
しかし、ほんとみなさまには多大なご迷惑を
そして、ご心配をおかけいたしましたー。

あたたかい。
お言葉はしつこいようですが。
とても嬉しかったのですー。

またまたしつこくなりますが。
どうも、ありがとうございました

それにしても。
こう正気になったいま、恥ずかしすぎて。
いままでの日記なんぞ読めません。
自分ではないような。

恥ずかしすぎて。
削除したい気分ですが。

みなさまのあたたかいメッセージがある以上。
削除なんてできません!!

また、何か。
壁にぶつかったときに。
読み返してみたいと思います!!
(みんなのメッセージだけ。。。)

そうそう。

今日。
アナベルくんに
「キャンディ☆さんの日記は長すぎて読めない。
 途中で眠くなっちゃいますよ」って言われました。

ああ、たしかに。

と、いうわけで。
「読まなくていいよ」と、返しておきました。

ほんと。
暗すぎてありえない日記ではありましたが。
みなさまのおかげでごきげんピースな。
日記に戻ることができそうですー。

また。
映画レビューや旅行ブログも。
更新しちゃおー。

わくわく。

あ、でも。
まだ最大級の悩みが残ってました!!


メンチョ。。。


これは。
どうしたら治るんでしょう。
フー。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
おかげさまで。
だいぶ心にゆとりを持てるようになってきました!!

今回。
さまざまな経験を自分で試したけど。
試すだけでは、ただのポーズにしかならなくて。

結局は。
自分で何かを感じなくては身にならないこと。
自分で掴みとらないとその先が見えないこと。
それらに気づかないと一歩も踏み出せないこと。
気づいてきたんです。

まあ、いまのわたしには。
これだけ気づくことができただけでも
よかったのかなと思ってます。

まだまだ問題山積みで。
これから理想と現実の大きな違いを受け止めて
いかなくてはいけないと思っていますが。

ただ。
そんな自分を見失っていたわたしに。
励ましのメッセージをくれたのみなさまには。
ほんと、言葉にできないくらい感謝しております。

めぐりんからは。

>私も一緒にがんばる!!

って、言ってもらえました。
一人で悩んでるときって、とっても不安なので。
こうやって一言かけてもらうと、すごくホッとできたよ。

そして。
めぐりんがわたしの長所といってくれた事。

わたしから見れば。
それはそのままめぐりんの長所だよって思うけど。

周りからみた自分と自分で思う自分って。
どうやら違うみたいなのでここは
有難く頂戴させていただきます。

いつでもあったかい言葉で元気づけてくれる
めぐりんの優しさに感動しました。


どうもありがとう


そして。
わたしの精神状態が真っ只中にひどかったときに。
話すことができたあっつんにも大感謝です。

あのとき。
まとまっていないながらも思ってることを口にだすことができて
それを誠実に聞いてくれて、あのときはほんと救われました。

あっつんと話をしていなかったら。
わたしあの後も人と話すことできなくなってたと思う。

そして。

>前向きになることはいいこと。
 だけど、自分でできるところからでいいんじゃない?
 いっぺんにやろうとすると気持ちが転ぶから。

どうしても。
頭の中がごちゃごちゃすると。
早く解決したくなって焦っちゃうけど。

いまの状態で。
すべてを解決させようということが間違いなのねって。
気づかせてくれたよ。

そんでもって。
わたしもあっつんさんが大好きだから。
これからも友達でいたいなって思います。


どうも、ありがとう


まりりんからの。
説得力のあるメッセージ。
さすがだなーって思ったよ。

わたしがこの迷路から。
抜け出すヒントがたくさん書いてあるなーって。
でも、いっぱいいっぱいのわたしにはそれすらも定まらなくて。
遠回りしちゃってるけど、でも。

まりりんから教えてもらったたくさんのアドバイス。
これはわたしにとってとっても貴重な財産になりました!!

>安心していいんだよ。
 あたしも、みんなも、同じように不安を通り抜けて今がある。
 
自分を見失っているとき。
こうやってストレートに励ましてくれるとすっごい元気がでたよ。
だから逃げ出すことだけはやめようって思えたよ!!

>キャンディは、今のままでいいんだよ。
>すごく必要な存在なんだなぁ。

この言葉は、ほんとーに嬉しかった。
ここ最近、自分を必要としてくれる人がいないことに
気づいてたのでこの言葉は感動したよー。

わたしの存在を認めてくれる人が
いるってほんと嬉しいよ!!

>「憧れの的」

わたしの憧れはまりりんだよー。
まりりんみたいなオトナになりたいって人。
たくさんいると思うよー。

そんなまりりんから。
いっぱい教えてもらってわたしはハッピーだよ。


どうも、ありがとう


しおりんには謝らなくちゃ。

たしかに、しおりんが声かけてくれたとき。
ほんと、どん底ど真ん中にあったときで。
だから、ちょっと嫌な態度しちゃったかもしれない。
悪気はなかったんです。ほんと、ごめんね。

>『すっきりした』ってちょっとでも思えれば、
 少しは心のもやもやも安定するっていうか、
 それだけでもちょっとだけ前進したって思えると
 わたしは思ってます!

そのとうりだね☆

わたしも。
昨日、また日記を書いてすっきりしたよ。
おかげで今日はいつもより安定してたし。
いつもの自分に戻りつつあるよ。

>まずは自分のまわりにいる人を大切にしたい。

これは。
わたしも思います!!

なんか。
この前まで友達すくないな、わたし。
って地味に悩んだけど、そんなことはもう。
どうでもいいと思ってる。

それよりも。
まわりにいてくれる友達を。
もっともっと大切にしたいなと思う!!
もちろんしおりんのこともね!!
ぜひ、ぜひ万葉行きましょう!!

いつも。
さりげなーく、きづかってくれるしおりん。
そんな優しさがとっても胸に響きます。


どうも、ありがとう


※ついき。

今日、やすちゃんから「元気でた?」って、聞かれて。
あれ?なんで知ってるんだ?ってフツーに考えちゃったけど。。。

そうだわよね。
わたしは、日記を公開してるんだもの。
いろんな人が見てくれたかもしれないのよね。
ええ、今頃きづきました。ううん。

どうも、わたしのブログって。
足跡機能がないもんで、誰が見てくれるとかって。
全然わかんなくって。

特に。
いっぱいいっぱいになってると。
そんな余裕もなく。うううん。

と、いうわけで。
コメントくれたみんな以外にも。
もしかしたらひっそりと見てくれてる人がいたら。
そんなみなさまにも感謝いたします。

なんとか、上を向いて歩いてみます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記
ここ数日。
下を向いてばっかり歩いてました。

家族との不仲から始まって。
仕事のこと、将来のこと、自分自身のこと。
たまっていた悩みや不安がどっと押し寄せてしまって。
どうしていいのかわからなくなってしまいました。

そんな状態が苦しくなって。
考えに考え抜いた結果、ノートに書き出しました。

いろんな思いがすらすらと出てくるので。
これはこうしよう、ここはこうしようってまた。
いつものように言い聞かせました。

そして。
何か自分にプレッシャーを与えたいと思って。
先日、夜中にこっそりと携帯から前回の日記を。
投稿したんです。

でも。
そのときは自己解決したと思ってましたが。
やっぱり自分に言い聞かせてるだけしかなくて。
心のもやもやは全然晴れません。

むしろ。
人とのコミニュケーションをとることもできなくなって。
悪化の傾向にありました。自分でもびっくりです。

何が不安なのかもわからなくて。
考えなくてはいけないことはまとまらない。
そんな現実から逃げ出したくなって。
あー、もういやだ!!
葛藤です。

でも。
ここで逃げ出してもまた同じ日が来る。
だから、今向き合わないといけない。
そう、思いました。

今日は。
どっか行きたい、何かしたいって思いが強すぎたので。
箱根は大涌谷に一人で行ってきました。

いつもと違う風景を見て。
何か感じられたら、、、って思ったけど。
行ったら行ったでただの観光でした。
とほほ。

それでも大涌谷は。
同じ神奈川県なのにまったく別の世界。
空気が冷たくて雪がかぶっていて
富士山がすぐ近くにあって。
素直に感動しました。

IMG_1413.jpg


今日は。
行くことができてよかったって思います。
でも、帰りの電車、バスに揺られながら。
一人で箱根の山を見てるとやっぱり。
気分が晴れないんです。

そんなときに。
無我夢中で大涌谷に行ったのでお昼を食べ損なってたため。
小田原で下車してカフェを探してました。

高校3年間通った小田原とはまったく変わっていて。
駅が上にあって、ラスカができてて、おだてんがなくなっていて。
8年もたつとこんなに変わるのかーってまた寂しくなって。

でも。

スーパーに入ったとき。
なぜか「ここにいる主婦のかたも同じ毎日にうんざりしてるのかな」
って、余計なお世話なことを考えてしまいました。

いくつになっても、どんな人生を歩んでても。
周りからはまったくわかんなくても人はみんな不安や悩みと。
戦っているのかなーって思いました。

そんなとき。
いま、わたしが悩んでること、不安になっていることは。
もしかしたらムダなことじゃないのかなーって。
根拠はよくわかんないけどふと思いました。
なんでかはよくわかりません。

その後、有隣堂に行って。
「25歳から人生を考えよう」みたいな本を買ったけど。

書いてあることは、ほんとそのとうりだと思うけど。
結局、読んだだけではまったく意味がないことに気づきました。

むしろ。
スーパーに入って自分で気づいたときのほうが
何かをつかんだように思えて嬉しくなりました。

やっぱり。
自分に言い聞かせるだけでは、なんの答えにもならなくて。
些細なことでも自分の体験や感情から生まれた結論のほうが。
数倍、自分自身の成長につながると気づきました。

かと言って。
いまのわたしの悩みが消えるわけではありません。
まだまだ、不安はたくさんはありますし前が見えません。
まだまだ、自分と向き合う必要があると思っています。

でも。
不安や悩みがあるからといって。
下を向くことはないのかなって思うようになれました。

探り探りではありますが。
いま、自分と向き合うことによって見えたことも。
少なからずあったからです。

そして、なにより。
やさしいみんなの意見、アドバイスを聞くこともできました。
これは、そうとう嬉しかったんです。

実は。
わたし、心の中の一番奥の部分はあまり。
人に伝えることをしてきませんでした。

だから。
自分の感情を人に公開するということはありえない。
って思っていたんです。

でも。
自分にプレッシャーを与えることによって書いた日記では
ありますが、心の本音を伝えることもいいことだなって。

それは。
やっぱりみんなが優しいからだとは思いますが。

どうも、ありがとう。

みんなへの。
感謝のメッセージは次の日記にします。
長くなりそうなので。。。

わたしの心がも少し強くなったとき。
みんなの日記にもまたごきげんに顔をだしたいと思っています。

長々と、お読みいただき。
どうもありがとうございました。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
※びっくりなほど長いです

最近。
不安なことがいっぱいあって。
自分の中でいろいろ考えてました。

自分自身のこと。
将来のこと。
家族のこと。
恋愛のこと。
友達のこと。
仕事のこと。

でも。
考えれば考えるほど。

頭の中がこんがらがっちゃって。
全然わかんなくなっちゃって。
何を考えてるのかもまとまらなくなっちゃって。

そんな。
頭の悪い自分が嫌で。

だったら。
考えるのよそうって。
逃げてました。

でも。
一人になると考えちゃって。
知らず知らずのうちに。
ため息もついてて。

どこが。
ポジ子なんだろう。

わたしは。
ポジ子の仮面を被っていた。
ただの弱虫。

自分自身から。
逃げ回っているただの臆病者だったんだー。

って。
初めてきづいた。

でも
さすがに逃げ回っているのに。
疲れてしまった。

このままでは。
いけない。

もう一度。
占いにでも行くべきか。

でも。
もう大人なんだし。

自分のことは。
自分で何とかしないとって思って。

今日。
一日一人で家にいて。
向き合ってみました。

でも。

何が。
そんなに不安なのかが。
自分でもよくわかんない。

結局。
結論もでなくて。
ますます自分が嫌いになる。
自己嫌悪。はー。

しかたないので。

心の声をノートに。
書いてみました。

そしたら。
すらすらでてきたので。
自分でもびっくりです。

ああ。
わたし、こんなこと考えてたのかって。

ここ最近。
苦しめられてた不安の。
原因に気付きました。

きづけたら。
とっても楽になりました。

また。
プラスに考えればいいやって。

自分の居場所が。
見つからなかったら。

自分で。
作っていきたい。

簡単なことじゃないけど。人から認められたり、必要とされる。
人間ができた人が。

私の周りにも。
いっぱいいるので。
見習っていきたい。

将来が心配だから。
勉強しようとも思う。

一生働くのであれば。
働けるスキルを探す。
目標も探す。

お嫁に行きたいのならば。相手にふさわしい人間にならないと。

今のわたしでは。
誰にも見向きされない!!

でも。
恋が出来ないのは。
自分が逃げているから。

わたしはまだまだ。
恋愛なんていらないって
言い聞かせてるから。
びびってるから。

でも。
自分がそんなだと恋愛なんてできない。
後ろばっかりみてたら。
道は開かれない。

乙女度、オンナ度。
両方とも上がらないのは。前を見ようとしないから。

今のままが。
楽だと思ってても活性化はしない。

やはり。
前を見ようとするキモチ。美しくなりたいというキモチ。
これが大切。

もう一度。
恋してたときのドキドキを。
思い出したい。

家族と。
うまくいかないときは。
時間をかけてもいいと思う。

本音を言える。
たったひとつの家族。

冷静になって。
考えた自分の意見を。
ぶつけたいと思う。

友達が少ないのは。
ううん、こればっかしは。

でも、だからこそ。
いつも近くにいてくれる友達を。
いつまでも大切していきたい!

仕事に関しては。
心の中に閉まっておきます。

ありゃ。

ものすーごく。
長くなってしまった!!

わたしの決意表明。

ま、全部が全部。
解決したわけではないけど。
ある程度の心の土台は作れた気もします。

それだけでも。
スッキリはしました。

あとは。
口だけじゃなく実行できるか、かな。
難しいけど。

最後に。

もしここまで。
読んでくれた人がいたら。心から感謝です。

わたしのうじうじした。
頭の中を、最後まで読んでくれて。

どうも。
ありがとう!!

これからも。
自己チュー、わがままな
わたしだけど。

大人な人間に。
なれるように頑張るから。よろしくね!!
僕、セザール 10歳半。
身長、1メートル39センチ。 
少し太め。



こんな。
自己紹介からはじまるこちらの映画。
「ぼくセザール 10歳半 1m39cm。」

タイトルどおり。
1メートル39センチの目線で。
撮影を行い、子供の世界観をそのまま表現。

誰もが、子供の気持ちを思い出すことができる。
とってもキュートな作品。

両親にも。
秘密にしてるけど。
セザールは甘いもの。
大好き★

しかし。
ちょっと太めな体系に。
コンプレックスをもってます。

と、いうわけで。
スタイル抜群、優等生な友人に。
対して感じている、劣等感。

あー、わかる!!

誰もが。
経験したことのある、そんな感情を。
見事に表現しているぼく、セザール。

ストーリーは。

セザールは、甘いものが大好きで。
ちょっと太目の男の子。
毎日が冒険で楽しい日々を送っている。

ある日、セザールと親友モルガンと女の子サラは。
大人たちに内緒でロンドンに出発する。
(Yahoo!レビュー)



そう。
10歳の男の子二人と女の子一人。
まるでドリカムのような3人組が。

両親にうそをついて。
パリからロンドンまでおでかけしちゃうのです!!
うそーーん。

さりげなく。
わたしの10歳を。
思い出してみる。

小学校4年生。

記憶にないけど。
4年2組、はらふじこ先生だったなー。
ううむ。

てか。
小学4年生で海外旅行ー?
国境越えー?

なにー!!

わたしの初海外なんてー。
とうにハタチを過ぎてましたー。
しょぼーん。

そんな。
おませなぼくたちだけど。
子供の気持ちを十分に主張してます。

見下ろされるのはいやだ。
早く大人になりたい

なぜ、子供には。
敬語を使わないのか知りたい。


だって、だって!!

これは、たしかに子供のころ。
感じていた疑問だったかも。

なんで。
大人は、あんなに偉そうなんだろう、ってね。

たしかに。
大人の都合に振り回されてて。
子供もたまったもんじゃないわよね。
うんうん、わかるよ。

でもね。
セザール、ロンドンにお出かけして。
変わることができたんだよ!

セザールだけじゃなくて。
まわりの大人たちも変えることができたんだよ!!
すてきな出会いもできたしね!!

だって。

最後に、こんな。
すてきな一言があったもん♪

「どんな小さな人間でも自分の運命を変えられる。」

かっこEー

そんな。
すごいセリフを10歳の少年が。
言えちゃったんだよ!!

1メートル53センチの。
人間でも、そんなセリフはまだ。
発したことないなー。

そんな。
小さな、セザールの大きな冒険。
ぜひ、見てみてください!!

子供のころ。
感じていた、大人への皮肉な感情や。
好きな女の子への憧れ。

自分の両親に対しての思い。
何でもできるかっこいい友人への劣等感。
自分の容姿に対するコンプレックス。

リアルに。
思い出すことができますー。

大人になった今、そんな感情を。
もう一度思い出して考えているのもいいよね!!

あ、そして。

セザール役の男の子の。
大人びた表情と愛らしい表情のミックスが。
とってもかわいい

それもお勧め♪
テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画
今日の。
「風林火山」見逃してしまったー。
あー、うっかり。。。

まだまだ。
愛が足りないわねー。
とほほ。


はて。
ここ最近は、マニアックな映画ばかり。
お勧めしておりますがー。

ええ。
本日も、ウルトラマニアック★
「MASAI」です!!


みなさま。
マサイ族ってご存知ですか??

アフリカは。
遠いケニアにある一族です。

伝統的な生活を守っている民族であり。
非常に勇敢でプライドが高く「草原の貴族」の
異名を持っている。(ウィキペディアより。)

これだけ聞いても。
かっこいいですよね??

この映画は。
そんな、本物のマサイの戦士たちが。
出演した映画なのです。

マサイの戦士。
スクリーンで見ると、やっぱり違う!!
迫力もかっこよさもぜんぜん違う!!

ムダな肉のないスタイルであったり。
民族の証でもあるじゃらじゃらな装飾品だったり。
同じ人間とは思えないような。
まったくの未知の世界。

そんな戦士たちと。
アフリカの雄大な大自然。

アフリカというのは。
映画を通してしか知ることが出来ないから
この映画に出会えたことはすっごく嬉しい。
もっともっと知っていきたいな

あ、ちなみにストーリーは。
こんなカンジですー。


神の呪いで干ばつに襲われたマサイの村。
この呪いを解くには、百獣の王であるライオンを狩り。
そのたてがみを捧げるしかない。

村に平和をもたらすため。
若者たちは命を懸けた冒険の旅に出る。

雄大なアフリカ大陸を背景に、村の平和を取り戻すため。
ライオン狩りに命をかけた男たちの物語。
(Yahoo!レビュー)



ま、一言で言えば。
ストーリーを見るよりも、マサイの戦士を見よ!!
って、ことです。

同じ人間として。
憧れてしまいますよ



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画
本日。
わたしたちの住む町に。
初雪が降りましたー。

粉雪のような。
ロマンティックなさらさら雪。
あー、すてき★

しかし、チャリ通にはとっても極寒。
あー、ぶるぶる。

そんな。
本日のおすすめ映画レビューは。

幼い兄弟の絆を描く、心温まる感動作。
「ポビーとディンガン」ですー。

なぜ。
これを選択したかと言うと。

昨年のお正月に。
yoryamaちゃんと行った映画はしごツアー。
そんときに見た1作。

そんな話を。
ひさしぶりにご一緒に帰宅することができた。
yoryamaちゃんとさっき話していてこの映画を。
思い出したのですー♪

ストーリーは。

田舎町に住む少女ケリーアンと兄アシュモル。
ある日、ケリーアンが架空の“お友達”が消えたと訴え、
病気になってしまう。

アシュモルは捜索を開始するが、
それは町ぐるみの大事件へと発展していく。

オパールの原石が見つかるという
豪州の田舎町を舞台にした感動作。

ベン・ライスの同名小説を基に、
空想家の少女と彼女を救おうとする兄の奮闘を描き出す。
(Movie Walkerより)


わたしは。
架空のお友達=ポビーとディンガン。

このお友達への。
強い執念を持つ妹に対して最初は。
なんともいえない苛立ちを感じてました。

だって。
妹の空想癖のために、
父が、母が、おにいちゃまが、
みんなが窮地に立たされる。

そんなこともわかってなく、
ただただ自分勝手なケリーアンに対して
どうしても腹が立ってきてしまったのです。

しかし。

お友達がいなくなってしまってから
見る見るうちに衰弱してしまうケリーアン。

そのときにようやく。
心の病気なんだということに気づきました。
遅いけど。

そうなると。

そんな妹に対して。
苛立ちという感情を持ってしまった
自分がとっても悲しくなりました。

ああ。
わたしはまだまだ人間ができていないんだな、と。

それでも。

そんな妹の姿を横で見ていたおにいちゃまは。
妹のために、いるはずのないお友達を一生懸命探す。

そんな。
おにいちゃまの愛情にはものすごく胸が熱くなった。

もちろん。
おにいちゃまだけじゃない。

最後。
町のみんなが協力してくれた。
そして、行動してくれた。

いるはずのないお友達ではあるけれど。
妹にとっては大事なお友達。

そんな。
みんなの愛情が、心にじーんと響いた。


子供はすごいな。


あらためて。
思う。


大人が考えない発想。
大人が忘れてる発想。
大人が気づけない発想。


それを。
ぜんぶ、教えてくれた。

子供から。
教えてもらうことって。
いっぱいあると思います。

この映画もそう。
いろんなことをおにいちゃまが教えてくれた。

そんなおにいちゃまを見て。
年齢だけは、いっちょまえに大人なくせに。
成長していない自分にきづきました。

ほんと。
子供ってすごい!!


テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画
070120_011835_M.jpg



本日は。
けんたんのバースデーの会。

たくさんの。
人に祝ってもらえて。
プレゼントもらってて。
うらやましかったなあ。

でも。
それがけんたんの人望なのねー。
さすがー。

みそじ。
おめでとーん

はて。
そんな、本日は。

せっかくなので。
おめでたい映画、、、っていうか。

テンション。
あげあげーな映画をご紹介ー。

フランス映画。
「アイドルたちーー♪」

こちらの映画。
なんたって。

わたしの大好きな。
おしゃれおばかポップ★★★

60’sなキューティーズ

と、いうわけで。

内容は。
ほぼ、ありませんー♪

でも。
ストーリーが面白いんじゃないの。
個々のキャラクターが素晴らしいの!!

ほんき、おもしろ杉。
サイコー★

そんな。
当時のフランスを代表する?
アイドルたち3人をご紹介ー。

まず、一人目。
「チャーリー☆」

アンガールズ級のスタイルに。
素肌に皮のブルゾン、そしてパンタロン★

きゃー

動きもくねくねー。
オレ様は歌うー。

ま。
一言で言うと。
キョーレツ!!

しかし。

あの動き。
あのファッション。
あのライフスタイル。

どこをとっても。
フォーリン・ラブーー

身近にいたら困るけど。
でも、こんな変人が実は大好き。
きゃはーん。

そして、二人目。
「ジジ☆」

見るからに。
お人形のようにとってもキューティ

わたしのように。
60’に憧れている女子は。
ほぼ、みんな。

この。
ジジのようになりたいと思ってると思う。
見た目だけは!!

しかし。
一筋縄に行かないのが、アイドルたち。

こちらも。
ぶっとびなキャラクター。
ぷひひー。

だって、だって。

歌って踊ってわめいて叫んで。
やりたい放題ー。きゃっほーい★

世界はわたしのためにー♪

かと、思ったら。
そこは、過酷な芸能界ー。

ジジも。
さりげなく縛られているのですー。
ううん、アイドルって大変ねー。

しっかし。

ファッションは。
まじで、かわいいよ★

わたしの中で。

「気狂いピエロ」と同じくらい。
おしゃれバイブルンだもの

最後は。
3人目「シモン☆」

上の二人に比べると。
アクションはやや地味目。

しかし。
こってり演歌のようなしつこさが残る。
このキャラクター。
うきー。

哀愁を漂わせて。
お近づきになると痛い目にあうわよ!!
くぷぷ。

そんなー。
自由奔放なすごすぎる3人のアイドルたちが。
当時の芸能界を物語りますー。

それにしても。

ここまで強い人間が集まると
はちゃめちゃすぎて大変だわねー。
ま、そこは映画の世界。

コアな趣味の方には。
とってもおすすめな映画です!!

内容よりも。
ヴィジュアルを見よ!!

そして。
愛すべき3人のアイドルたちの。
とりこになっちゃってーん♪

わたしは。
あまりに好きすぎて。
ヴィジュアルブックも。
持ってますよー。

ラリホ~

あ。
公式サイト↓みると、アイドルたちの。
おしゃれっぷりとキテレツキャラクターたちが。
よくわかるよ!!

おすすめん♪

http://www.step-by.co.jp/idoles/
テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画
先日。
リトルダンサーを鑑賞して。
ジェイミーベルくんの。

とっても。
キュートなほっぺたに。
思わずにやにやしてしまった。
わ・た・し

あまりに。
かわいくってかわいくってかわいくって。
もう、そうとうラブラブラブなので。

もういっこの主演作。
「DEAR WENDY 」まで見ちゃいましたー。
きゃはーん。

しかし。
ほっぺが愛らしかった少年は。

すくすくと。
イケメン街道まっしぐらー。

ウェスタンスタイルなんて。
本場のカウボーイもびっくりよーん。

将来は。
オーリーも真っ青の王子に。
なること間違いなし!!

あー。
すてき

だから。
イギリス男性は好きなのよねー。
うふふ。

はて。

お話は戻りまして。
映画のストーリーですが。

実は。
平和主義なわたしとしては。
ちょっと苦手な分野でもあるのです。

と、いうのも。

ディックは炭鉱の町に住んでいたが、炭鉱で働くことを嫌い、
スーパーで働いていた。

ある日、友人の誕生日プレゼントを買うために入った
玩具屋で美しい銃を見つける。

アメリカの炭鉱町でウェンディという銃に魅せられた青年たちが
破滅に向かって突き進んでいくまでを描く衝撃作。
(Yahoo!レビュー)



どうでしょう。

常日頃。
ミュージカル作品などを好んでいる人間には。
少々、刺激が強いと思いませんか?

基本的に。
映画とはいえ、殺人は嫌いなんです。
サスペンスもとっても苦手です。

しかし。

幸いなことに。
この映画はサスペンスではありません。
だから、見れたって言うのもありました。

ただ。
少年たちが興味本位で銃を持つ。

銃を持つことによって。
仲間との結束も生まれ、自信もつく。

しかし。

それが。
最終的に、どのような結末を招いてしまうか。
お分かりですよね??

まあ。
そこに行くまでにいろいろな過程があります。
助けたいと思う、少年たちの気持ちもよくわかるのです。

だけど。
やっぱり。

最終的に。
あの結末に至ってしまうのも納得なんです。
あれでは誰一人として、幸せになれない。

この作品を見て言葉にだせること。
それは。

銃はだめです。
かっこよくもなんともありません。
それをアメリカに問いかけたい。

と、思う。

テーマ:ミニシアター系 - ジャンル:映画
070117_235238_M.jpg



本日は、有楽町まで。
ミュージカル「タイタニック」を。
見に行ってきましたー。

そういや。
ミュージカルに行くのは。
とってもおひさしぶり。

ひょっとしたら。
××しまった「キャッツ」以来かも!!

まー。
わたしとしたことが。。。

はて。
このミュージカル。

映画でも。
おなじみの豪華客船。
タイタニック号の沈没までを描いた。
ミュージカル★

しかし。

映画版のイメージが強すぎて。
どうやって舞台で、沈没を表現するのかが。
とーっても不思議でした。

しかも。

悲恋を描いた映画版とは異なって。
今回のミュージカルは人間ドラマを描くという。

どうなるんでしょ?

って。
まったく予備知識なしで行って来ました。
あ、主演がソフィアの松岡さんってことだけは
チェック済みだけど。おほほ


感想としては・・・。

一回見ただけでは、よくわからない。
ってカンジかしら。


なんだか。
キャストが多すぎて、いろんなところで
いろんなドラマがあって。

って。
それは、タイタニック号に乗船していたひと。
すべてにドラマがあるから当然なんだけど。

やっぱり。
映画と違って、舞台での表現は難しいなーって思った。

ピンポイントに。
ひとりをクローズアップして。
物語を進めてくれたらよかったんだけど。
そうでもなくて。

すべての人たちが。
前に、前に、っていう演出だったので。
見てるこっちが追いつけない。

ううん。
難しい。。

でも。
帰りに買っていったパンフレットに。
実在の人物のその後が掲載されてて。

あー、やっぱり。
タイタニック号の乗客乗員ひとりひとり。
ドラマがあったんだなって。
あらためて。

それを。
ひとつの舞台にいろんな要素を取り入れて。
物語を進めるとああなるのかって。

演出のひとの。
意図もわからなくもないなって。

だから。
このミュージカルを語るには。
あと2、3回見る必要があると思う。

ある程度。
キャストの予備知識を頭につめて鑑賞したら。
とても素晴らしい作品と思えると思う。

一回で。
語ることはできないなー。

それでも。
不思議に思っていた沈没のシーンは。
すごいなって思ったし。

主演の。
ソフィアの松岡さんは、さすがヴォーカリストだけあって。
歌がとってもうまいし、かっこよかった

そんなわたし。
いまだにタイタニックの余韻に浸っているため。
現在、映画版「タイタニック」のサントラを。

エンドレスリピート中

セリーヌ・ディオン。
きれいな声だなー。

でも。
これ聞いて、思い出すのは。
やっぱりレオのあのシーン。。。

松岡さんの。
まの字も思い出さず。
ううん。

それにしても。
ひさしぶりのミュージカル。
楽しかったなー。

来月も。
何か見に行こうかしら。
るん♪
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術
珍しく。
ださKTさんからカラオケに。
誘われたので。

今年初の。
カラオケに行ってきましたー♪

なんたって。

年末以来。
久しぶりのカラオケだったのでー。
すっごい熱唱してきましたー。

あー。
ごきげん

しかも。
本日も10越えを2度!!

本日の。
記念すべき曲。

・ミスチル「タガタメ」
・グレイ「pure soul」

きゃー

最初は。
最近、覚えたばかりの女子の新曲をずらりと。
歌っていたものの。

なかなか。
8を超えることができず。

そんなとき。
ださKTさんがミスチルで10を出すもんだから。

便乗して。
わたしもミスチル鼻歌NO.1曲を。
大熱唱したら、10超えー。

わーい、パチパチ

と、いうわけで。
今日はメンズデーねって、勝手に悟り。

ここぞとばかりに。
グレイプバインを歌ってみたものの。
6と振るわず。。。

なんなのかしらね?

ま。
超えたからいっか。

そうそう。
YUIを歌ったたら。

PVで。
塚本くんが出てきたので。
ハッピーだったわー。

それにしても。
カラオケ行くと、気分いいわねー。

スッキリ



テーマ:日記 - ジャンル:日記
本日。
お仕事中のわたしの目に飛び込んできた
このニュース・・・。


イケメン俳優谷原章介が電撃結婚へ
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/marriage_and_divorce/


ちょっと。
どうなんでしょうか。。。

思わず。
大声はりあげちゃったわよー。

だって。

いしだいっせいの前の嫁って。
しかもできちゃった結婚の可能性って。
しかもしかもいきなり一児の父って。


どうなのーー!!


ショック


昨年の。
内野さんにしろ。

今回の。
谷原章介さんにしろ。

わたしの。
大好きな俳優が・・・。

涙ー。

あー。
あの、白シャツの似合い具合が
とっても好きだったのにー。

お声もしぶくて。
大人のフェロモンたっぷりでー。

まあ。
でも、年齢も34歳で。
適齢期なので。

結婚しても。
ぜんぜんいいと思うんですがー。

なぜ。
いしだいっせいの前の嫁?

そこが。
ひっかかるのよねーーー。

どんな。
女性なんでしょう。
気になるわー。


あー。
やっぱりわたしは、まっきー一筋で。
行けってことなのかしらー。

そういや。
昨日のやべっちでは巻弟も出てたわねー。

しかも。
なかなかイケメンでびっくりしちゃったわー。
ま、わたしは兄派ですけどー。

はーい、やべっち

でも。
はにゅーもおもしろかったわよねー。
相変わらず、さいこー

最近。
阿部ちゃんの移籍のショックで
立ち直れなかったけど。

昨日のやべっち見る限りでは、阿部はほんとに。
海外に行きたいんだなーって思ったー。

しかも。
坂本も移籍・・・。

ううん。

でもでも。
それでも、わたしはジェフのサポーター
ガンガン続けますよー。

だって。
ジェフにはまだまだはにゅーやまっきー。
さとーゆうとや山岸、水野、青木コータ。
まだまだいっぱいいるもんーー!!

そんな。
残ってくれた選手をこれからも。
応援していきますー!!

行くぜ。
バーチーーー

ってことで。

やっぱり。
わたしは、今年もジェフ一筋でがんばりますー。

谷原章介さんなんて

とか。
言いつつも。

ぜんぜん好きですけど。
きゃん。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
みなさまー。

さきほど放送された。
大河ドラマ「風林火山」見ましたかー?
山本勘助、シブイですねー!!
さすがですーー
うきき。


はて。
本日のおすすめ映画レビューは。
「リトルランナー」ですー。

どうも。
最近、ジャンルにものすごく偏りがありますが。
それは、わたしの精神状態を現してるのでしょうか。
きゃっはん。

ま、そんなことは置いといて。
こちらの物語もまた、感動作なんですー。


1953年。
カトリックの私立校に通う14歳の問題児のラルフは。
病気で昏睡状態に陥ってしまった母に奇跡を起こすため
ボストンマラソンに参加することを決意する。

青春映画でもあり、母と子の絆や愛を描いた物語である。
(Yahoo!レビュー)



思春期特有の。
女性の体にしか興味がないのかなー?
ってカンジのだめだめな少年。

しかし。
あるとき、入院中の母が意識不明に
なってしまうんです。

母を助ける方法は。
「奇跡を起こすこと」

はて。
奇跡・・・?

いっぱい考えた少年が
思いついた奇跡とは、ボストンマラソンで優勝すること。

まー。
普通に考えれば、ちょっと無理がある物語なんですが。。。

それでも。
たった一人の母のために、一生懸命に。
ひたむきに走る姿はとっても胸を打たれます。

そんな。
少年を見て。

努力するって。
美しいなーーっと。

奇跡を起こすって。
かっこいいなーーって。

雨に打たれても。
周囲に反対されても。

それでも。
走る、走る、走る!!

そんな頑張ってる姿を見ると。
いまのだらだらな日常の自分に。
カツを入れられている気がします。

わたしも。
何か、努力をすることが必要なのだろうか。
はて、そもそも努力とは?

まずは。
ここからですねー。
はー、遠い。

あ、あと。

わたしてきに。
もひとつミラクルだと思ったのは。
ものすごく身近に。

すっばらしい。
コーチがいたこと!!

そんな。
偶然、フツーにないでしょ。
って思うけど。

そんな。
コーチがいたからこそ。
少年があそこまで走れたんだなー。

偶然って、大切。
だけど、それも運命なんだーって。
また勝手にスピリチュアル

しかし。
奇跡を起こすために。
最後まで、自分を信じて頑張った少年。

そんな。
姿を見れただけでも。

わたしは。
この映画を見てよかったなーって。
思うところがありました。

映画を見て。
何かを感じることってとっても。
大事だと思うので。

みなさまにも。
ぜひ、お勧めいたしますよ



テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画
冬は。
映画レビューがはかどります!!

そんな。
うきうきの本日のお勧めはー。

ジェイミー・ベルくんが。
とっても愛らしい★リトルダンサー。


ビリーの通うボクシング教室の
ホールにバレエ教室が移ってきた。

ふとしたことからレッスンに飛び入りしたビリーは、
バレエに特別な開放感を覚えるのだった。

バレエ・ダンサーを目指す少年の姿を描いた
S・ダルドリー監督の長編第1作。
(Yahoo!レビュー)


主役・ビリーを演じる。
ジェイミー・ベルくんのバレエが好き!!
っという、心から踊る姿を見ると。

とっても。
胸があつくなってきます!!

そして。

はじめは。
男たるものバレエなんぞーー!!
って、猛反対していた父。
そして、兄。

そんな。

心から踊る。
ビリーを見て。

ああ。
やっぱり、親なんだー。
家族なんだーって。

最後の不器用なまでの子供への愛は。
もう涙が止まりませんでした!!

わたしは。
まだ未婚の人間ですが。

子供を持つ。
親のかたがみたらさらに。
グッとくるものがあると思います。

ビリーのように。
ひたむきに何かに夢中になるっていいな。
持って生まれた才能っていいな。

すでに。
何の特技もなく26年過ごしてしまっている。
わたしから見ればものすごくうらやましいです。

そして。

最初は。
現実に埋もれてしまっていた家族だけど。
ビリーのバレエをきっかけに変わってく。

あー。
愛があたたかい映画だなーって思いますー
ぜひ、見てもらいたいなー。


ついでに。
ジェイミー・ベルくんの。
天使のようなほっぺ。

ラブー


テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画
本日は。
お休みだったので。

おうちで。
ぐーたらしてましたー。
あー、極楽。

おかげさまで。
録画しておいたお笑いドリームマッチも見れたし。
映画も見れたし、旅行ブログも書けて。
地味に充実でしたー。るるるーん♪


そんな。
本日のおすすめな映画とはー。

ヨーロッパは。
北欧のフィンランドから発信された。
「ヘイフラワーとキルトシュー」

もう。
めちゃめちゃラブリーです


可愛いっ。
単純にそれだけでも楽しめる、フィンランド発。
7歳と5歳のおしゃまさん姉妹の物語。

インテリアから小物にいたるまで、色使いがカラフルで、
さながら遊園地に迷い込んだようなウキウキ気分にさせてくれる」
(Yahoo!レビュー)



雑貨が好きなひと。
ポップなインテリアが好きなひと。
カラフルなお洋服が好きなひと。
かわいい女の子が好きなひと。
北欧の自然が好きなひと。

この中の。

ひとつでも。
あてはまるのがあれば必見です!!

インテリアの本を見るより。
ヘイフワラワーとキルトシュー★

って。
言いたくなります。


おねえちゃんをはじめとしたキャスト。
インテリア、雑貨、すべてがもう。


かわいいーーーー


ストーリーは。
どこにでもありがちな家族のお話じゃないかな?

毎日、毎日。
おイモの研究ばっかりのパパ。

家事がまーったくだめで。
外に働きにいきたがるママ。

家族一。
しっかり者のおねえちゃん。

妹特有の。
わがままだけど要領のいい妹。

こんな。
ファミリーだもの。

おねえちゃんは。
気苦労が多いなーー。

でも。
いくらしっかり者でも。
おねえちゃんだって。

いつも。
いい子にはできないよね★

うんうん。

わたしも。
妹なので、どっちかといったら。
わがまま三昧ー。

しかも。
おねえと年も離れていたので。
けっこう甘やかされてた。

そんな様子を。
うちのおねえはうらやましかったし。
悔しかったって、大人になったいま。
本音を言ってたなー。


そう。
おねえちゃんは大変なのです!!

この映画の、ヘイフラワーだって。
「神様、お願いします。
 普通の家族にしてください」

って。
お願いしちゃうくらいだもん!!

でも。
途中、ヘイフラワーのとった行動は
大正解!!

我慢することない!!

優等生でなくていい!!

いままで。
頑張っていたおねえちゃんを。
褒めてあげたくなるよ。

しっかし。

セラピーといい。
家庭内オリンピックだったり。
ベランダの水遊びだったり。

楽しそうだなー。

うらやまC---


そんな。
ヘイフラワーとキルトシュー。

カラフルなオシャレが。
大好きな女の子に見てもらい映画です!!

ポップな気分になれて。
ますますごきげんになれますよーーー


テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画
本日。
いまごろですが。
バーゲン行ってきましたー♪

しかし。
さすがに一週間経過してるだけあって。
グッとくるものがなかったです。
残念!!

と、いうか。
やはり最近、洋服に対するやる気が。
自分の中で感じられないんですー。

今日。
ゲッツした服も。
安かったので購入したわ、るんるんー♪
ってカンジです。

なんでかしら??

昨年も。
洋服代が年間5万って自分的にありえなくって。
ひさしぶりに会った友達にそれを言ったら。

「そんなのみーちゃんじゃない!!」って。
カツを入れられましたー。

たしかに。
販売をやってたころは。

休憩中に行ったツモリチサトで。
30分で5万使ったくらいの浪費っぷり。
それが、いまでは年間の金額。

30分で5万も。
どうかと思うけど年間5万も。
ありえない。

これじゃだめだー!!

って。
奮起してお出かけした本日でもあるのに。
やっぱりテンションあがらず。

どうしたらいいのかしら?

まわりからはよく。
恋をすればいいんだよって。
お勧めされますが。

どうも。
そんな気分でもないんです。

わたしのファッションバイブルでもある。
映画を見れば確実に少しはあがる気がするけど。

でも。
映画にばっかり影響を受けていると。
自分ブームが前面にですぎて。

町に出かけたときに。
とっても流行遅れな自分にきづく。
あら、わたしイケてないわー。

お洋服って難しいわね!!

ま。
冬のお洋服はとりあえず、カラータイツで。
乗り切って。

春からお花のワンピースとか。
フリルのブラウスとか着ようかな♪

そうだわ。
コキュに行こうかしら!!

ブーツ。
もしくはサンダルがほしい!!

あら。
ちょっとテンションあがったみたい。
やっぱり単純だわー
うふーん。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
本日の。
わたしのぶっとびのぶさいく面の。
原因となった映画です。
うふふ。


お正月。


一年の始まりだもの♪

いい映画を見たいと思って。
借りてきた「ニューシネマパラダイス」

イタリアのシチリアを舞台に。
少年と映写技師が映画を通して心を通わせていく様を。
感動的な音楽と繊細な人物描写で描き出す。

イタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレによる。
映画史に残る至高の名作。
(Yahoo!レビュー)


実は。

わたし、ラッキーなことに。
昨年、映画館でも鑑賞することができたのです。
そのときは劇場版を初鑑賞いたしました。

今回は。
3時間の完全オリジナル版を鑑賞しました。

劇場版では。
詳しく描かれていなかった事実が完全版では。
描かれているのでラストシーンのトトの姿。
こんないきさつがあったんだって。
思いながら見てたら。

もう。
胸がいっぱいになってしまって。
涙が溢れて出てしまいました。
止まりませんでした。

もう。
こうやって書いてるいまも。
思い出しちゃって涙がでそうになってますー。

そういや。
今日のお仕事の合間にも、Yahoo!のレビュー見てたら。
いろいろなシーンを思い出しちゃって。

ひっそりと。
涙がでてしまってました。
あー、はじっこの席でよかったってつくづく。。

しかし。
この映画は、最後のシーンだけではありません。

少年時代の。
愛らしいキラキラの瞳のトト。

初めて知った恋に。
青年から大人に成長を遂げるトト。

家族、故郷を捨てて。
仕事で成功をしたトト。

そんな。
トトへのアルフレードの強い愛。

ほかにも。
映画を心から愛するみなさま。
そして、トトの家族。

あー。
また、涙がーーー。

すべてが。
ひとつづつ胸に残っています。

映画が。
どれだけすばらしいものなのかを
改めて教えてくれました。

映画が。
好きなひとは絶対に見てほしいと思います。

いまはまだ胸がいっぱい過ぎて。
多くを語ることはできないけれど。

でも映画を見るとそんなわたしの気持ち。
わかってもらえると思っています。

いろんなレビューで見る。
「映画史に残る至高の名作」というフレーズは。
ほんとうにそのとおりだと思いますから。

映画の中でも。
一番だと思います。

ただし。
デートの前の日の夜に鑑賞することは。
お勧めできませんけどね



テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画
みなさまー。
新年はいかがお過ごしですか??

わたくしは。
なんとこのお正月休みの間。

こっそりと。
アルバイトしてきましたー!!

と、いうのも。
わたくしが以前、働いていたお店。
昨日が、セール初日とのこと。

しかし。
人員不足とのことで年末に。
急遽ヘルプコール。

わたしが働いてた横浜店ではなく。
都内の某近郊店ですがせールの販売応援に。
2日間、行ってきましたー。

なんたって。

ここの店長には。
わたくしが働いていた当時。
とてつもなーくお世話になっておりましたのでね。

に、しても。

販売って。
思っていた以上にきつかったー。

だって。

接客って。
ツカレルーーー!!

あそこまで人と話すのって。
タイヘンーーー!!

服の素材とかの。
販売用語すっかり忘れてるーー!!

話術がナイーーー!!

たち仕事って。
ツラーーーイ!!

腰が。
イターーイ!!

朝、早くから。
夜、遅くまでーーー!!

もう。
半分泣きそうになってましたー。

さりげなく。
販売歴はレディース、メンズあわせて。
4年もあるんですが。

ブランク2年もあると。
かーなーり!!厳しいもんです。

しかも。
メンズなので、レディースと接客方法違うのー。
ただ単に、サイズありますよーではだめなんさー。
(つっても、結局そーなったけど。)

さらに。
近郊店なので、いままでの横浜と違って。
人が少ないーーー。

え?これセール初日?
って時間もたびたび・・・。

と、いうわけで。
キッチリ接客しないといけなかったりで。

もう!!

販売力が、まったくもって。
なくなっているわたしはかなりの
役立たずでしたー。

これでヘルプになってるのか疑うほど。
一般の方に毛が生えたレベルー。
とほほー。

そんなもんで。
朝から負のオーラまるだし。
もう泣きそうになってましたー。

でも、でも。
スタッフのお二人!!

ほんとーに。
優しくって、優しくって。

最後には。
こんな役立たずのわたしでも。
感謝していただいて。

ほんとうに。
嬉しかったですーーー!!

に、しても。
朝から晩までしゃべり倒す販売員。
いま思えばすっごい大変な仕事だったんだー。
一日中、たちっぱなしだし。
足、痛いし。

初日の帰宅後なんて。
うちのわんこが目の前にいたことを。
すっかり忘れるほどぐったり。

よく。
4年もやってたなーって自分でもびっくり。
もうわたしには絶対できませんーー。

と、いうわけで。
今更ながら、販売のみなさまを。
尊敬しますーーー!!


テーマ:日記 - ジャンル:日記
070101_005956_M.jpg



みなさまーー。

新年、あけまして。
おめでとうございますーーーーー

今年も。
どうぞよろしくおねがいしますーーーー


と、いうわけで。
2007年になりましたーー!!

おめでたい

わたしも。
今年できづけば27歳ですー。
むふーん。

そんな。
わたくしの今年の目標はー。

平凡でハッピーな一年にすることーー!!

何事も。
フツーが一番と思っておりますので。
地味ながらも毎日スマイリーな。
日常を遅れたらよいなー。
って思っておりますー。

あとは。
目標として、今年もいろんな国、町を。
訪れることができたらなーって。
思いますーー。

あ、あとさらには。
昨年はどうもカジュアル傾向だったため。
乙女度低すぎたので。

毎日。
身なりを気を使えるオトナの女性にも。
なりたいなーーーって。うっふん。

と、とと。
目標、っていうか願い事が多すぎましたー。
ま、新年とはこんなもんです。

って。
またポジティブシンキング


そんな。
おめでたいわたしの一年の始まりはー。
ひたすら寝正月でしたー。

昨日の夜。
ご近所の神社でカウントダウンを向かえての。
2007年のスタート。

除夜の鐘をつき。
甘ーいおしるこ飲んで。
ポンポンとお参り。

おみくじひくも中途半端な末吉。
しかも2年連続。
ううん。

しっかし。

ごきげんに朝を迎えたら。
なんとお昼のNHKにわたしのときめきのひと。
内野聖陽さんがゲスト出演ーーー♪

そうそう。
来年の大河ドラマの主役なんですーー!!

滅多にトーク番組なんて出るお方ではないので
録画もして準備万端ーー

新年そうそうお目にかかれて。
わたくしとってもしあわせーーー

その後は。
サッカー天皇杯で、ガンバを応援してましたが。
赤いチームが最後の最後で得点を入れてしまい。
とっても無念・・・。

かと思ったら。
そのあと、ちゅらさんの再放送ー。

わたし。
ちゅらさんそうとう好きなのでー。
懐かしのシーンをひさしぶりに見れて。
とっても満足ーー

本日の。
予定は、映画見て胸を熱くする予定だったのに。
筋肉番付見ちゃって、計画倒れ。

・・・で。
もうすぐ始まるやべっちのSPを。
うきうきしながら待っておりますーーー。

って。
長すぎましたがーーー。

今年もみなさまにとっても。
すてきな一年になりますようにーーー

テーマ:あけましておめでとうございます - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。