キャンディ☆のそばかすなんて気にしないわ。

ムダにポジティブシンキング★ ムダに多趣味な、乙女っこクラブのつれづれ日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもー★


ひっさしぶりにログインしてみたら。
なんだかコメント欄がすごいことになってました。
困っちゃいますねー。
やれやれ。

ま、それはさておき。

書きたい内容はいっぱいございますので。
これからも気が向いたときにこつこつと更新いたしますー。

と、いうわけで。
本日は。


先日。
つーか、すでに2.3週間前ですけど。
こっしーさんと行ったルノワール+ルノワール展について。


ルノワール+ルノワール展


わたくしの大好きな。
ピエール=オーギュスト・ルノワールと。
その息子・ジャン・ルノワールの絵画展。

現在、渋谷はbunnkamuraで。
絶賛出展中★


父・ルノワールの絵画がものすごく好きなので。
ごきげんにレッツゴーして来ましたが、いやはや今回は父よりも。
息子の映像美に感銘を受けてきました。

あわせて。
ジャン・ルノワールの作品を通して。
ルノワールの作品のルーツを垣間見れたような気がしました。

ルノワールの作品はどの作品もほんとに美しくて。
とくに女性なんて、肌の質感や艶、豊満な肉体のラインなど。
うっとりするくらいで。

わたしにとっての理想の女性像というものが。
鮮明に描かれております。

やはり。
女性は細いだけではなんの魅力もありません。
女性ならではの白く柔らかい質感があってこそ。
マシュマロのような質感こそが、本来の女性の体と
いえるような気がします。

まー。
本音を申せば、若かりし日の
ブリジットバルドーみたいな。

ま、あそこまで。
フェロモンむんむんにしなくてもいいとは思いますが。
でも、やっぱりあの体のラインは永遠の憧れ


あ、お話しが脱線。


今日は、主に。
映画監督であるジャン・ルノワールの作品の感想について
述べたかったんです!!!


今回のルノワール+ルノワール展では。
主にピエール=オーギュスト・ルノワールの作品が
メインに展示されているのですが。

その父・ルノワールの絵画とともに。
ジャン・ルノワールの映画の1シーンが公開されています。
息子・ジャンの作品はやはり偉大な父の遺伝子をしっかりと。
受け継いでおりました。

もう、映像がすばらしい!!

とくに「草の上の昼食」という作品の。
女性が水辺で泳ぐシーンですね。

美しい女性が。
お洋服を脱ぎ裸で川を泳ぐシーンなんですが。
その光の反射によって映る川の水面がですね。
もう、奇跡的な美しさ!!!
ワンダフル!!
ビューティフォー!!

あの映像を映し出せるのは
ジャン・ルノワールだけでしょう!!

てなくらいに。
あのシーンの前でとりこになってました。
あれは、ちょっと衝撃的な美しさでした。
ミラクルですよ。

あと、もうひとつ。

これは、映画の作品名を忘れてしまったのですが。
風に揺れている木々を映しているだけの映像がすごく
印象に残りました。

シーンとしても。
木がただ風に揺れているだけなんです。
ただ、それだけ。

しかし。
それでも、あの緑の配色だったり。
木の焦燥感というものが心に残りました。
今でも鮮明に覚えています。

あ、あとは。
思い出した「フレンチカンカン」

映画のタイトルだけは知っていたのですが。
美しい女性たちのラインダンスを見てるだけで。
なんだかテンションあがりました。

フランス映画って。
正直、気取っているだけのイメージが。
強いですけど。

作品自体のクオリティは、ものすごく高いと思います。

ジャン・ルノワールの作品も。
おそらく全編通してみても内容は今のわたしには。
まったくつかめないような気がしますが。

このようにアート作品として。
本を一枚一枚めくるように見てみるとものすごく。
感銘を受けることができる。

すばらしい作品なんだろうなと思います。


と、いうわけで。
まったくもってまとまりのない日記になってしまいましたが。
そのまとまりのなさが、わたしのコーフン度でございます。

あれもこれも書きたいけど
文章力がないからまとめきれず・・・みたいな。

とにかく。

・やはりルノワールの描く女性は美しい
・女性の理想はマシュマロの質感だ
・ジャン・ルノワールもすばらしい映像画家である(映画監督だけど


と、いうのを。

言いたかったんですー!!



るん。


スポンサーサイト
テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術
昨日。
東京はお台場まで。

「移動式仮設美術館・ノマディック美術館」を。
鑑賞に行ってきましたー♪♪♪

カナダ人アーティストの。
グレゴリー・コルベール氏の手がける。
映像美術、写真、建築などが。

すべて一体となったプロジェクト
「ashes and snow」

http://www.veritacafe.com/event/070307/


そのスケールの大きさ
自然の偉大さにとってもひきつけられました!!

長編映像が1本。
短編映像が2本。

この映像美術が、すべて加工されたものではなく。
ありのままであり、自然、動物、人間、地球、すべてを
あんなにアートに表現できるのは。

もうー。
ほんっと、すっごいの一言です。

ほんと言葉にすると。
とってもチープに聞こえてきてしまいますが。
とってもとっても感動しました!!

地球は広い。大きい。
そして、人間、動物、植物、大地がいる。

その真実をレンズを通して。
まじまじと確認してきました!!!

地球に生きる人間の一人として。
このカナダ人アーティストのフィルムから。
新たなエッセンスをもらった気分です!!

地球って面白い☆

なんとなくの日常に。
追われているような毎日ですが。

こんなふうに。
フイにすてきなアプローチをいただけると。
ほんと楽しくなりますね♪♪♪

なんか。
文章がよくわかんなくなりましたが。
とにかく楽しかったです!!!

ついでに。
めったに行かないヴィーナスフォートまで。
うっかり満喫しちゃったし☆

プレセールさいこー

あ、そういや。
びっくりぎょーてんなのが同じ時間に。
王子もこの美術館にいたらしい。

おかげであーだこーだと。
いろいろディスカッションできました!!
たのしー


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術
さくらー さくらー
  いざ舞い上がれー♪



みなさまのさくら☆ソングは。
何ですかー?

わたしは。
もちろん森山なおたろーです。
うふふ。

そんな。
本日は、上野は東京都美術館展で。
開催されているオルセー美術館展に行ってきましたー♪

いやー。
さすが、春休み。
さすが、観光地。

駅をでたその瞬間から。
人、人、人ー。

それもそのはず。
上野公園のさくら☆がこんなに。
キレイでしたー

IMG_1853.jpg



わたしは。
お花がいろんなとこに咲いてる。
この季節がとっても大好き!!

とくに。
さくら☆が満開な姿を見ると。
自然にうきうきしてしまいます!!

あー。
なんてすてきなんでしょう。
一年中咲いてればいいのに。

そういえば。
さくら☆と言ったら、さくらっこクラブちゃんは。
お元気しているのかしらね?
会いたいなー。

はてさて。
うっかりとさくら☆満喫しちゃったので。
さきほど、旅行記まで書いちゃいましたー。
くぷぷ。よろしければ。

↓地味に宣伝。

http://4travel.jp/traveler/candy-kate-kids/album/10135562/

お話戻しまして。

オルセー美術館といえば。
大好きな印象派の宝庫★

しかし。
パリに行ったとき。

もちろん。
オルセー美術館に行ったはずなのに。
当時のわたしは美術よりも。

お城♪お城♪
って騒いでたもんだから。
絵画は見た程度。

めっきり。
記憶にございません。

と、いうわけで。
ほぼ、初めて見るオルセーの美術品。
とても美しかったわー♪

どうやら。

やわらかいタッチの作品が。
好きみたいなのでまさに!!

さくら☆に。
ルノワールに。

なんだか。
本日はとっても桃色気分♪♪♪

るんるんるん。

やっぱり。
春は人の心をぎゅって。
つかんでいきますねー。

しかし。
そんな春も、出会いと別れのシーズンですね。

ハイ、昨日のあっつんの。
日記できづいちゃいましたが。
(すみません、遅くて。月末ってきづいたのが昨日だったんで。)

本日が。
我が乙女会のボス・あっつんの。
最終出勤日だったんですー。

わたし。
ご挨拶もせず、おとといの帰り。
フツーにばいばいしてましたー。

あー。
それがとっても悔やまれますー。

思い起こせば。
あっつんとはいろんな思い出がございますー。

えー。
品川プリンスのバイキングだったり。
夢の国・ディズニーランドだったり。
Jカラだったり。サファリパークだったり。
浅草だったり。乙女会だったりと。。。

いやいや、まだたくさん!!

これらの企画。
すべてあっちゃんだったので。
わたしは、いつもおんぶにだっこで。
乗っかってましたー。

えー。
かなり甘えてさせていただきましたー。

あっちゃんが。
いろんな企画をたててくれるので。
いろんなひとと仲良くなれましたー♪

そんな。
あっちゃんが会社からいなくなってしまうのは。
とってもさみしいんですが。

しかし。

あっちゃんの。
決めた新しい道ですから、ここは。
ぐっと応援したいと思いますー。

そんでもって。
いままで、お世話になりましたー!!


どうもありがとー


これからも。
まだまだ、遊んでねー。
ラブー。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術
IMG_1285.jpg


テンションあがってるんで
しぶとく連続投稿しちゃいますー。

ヒュー。

今日。
映画を大満足で鑑賞したあとー。
お時間があまったのでー。

どうしよーかなーって。
考えましたー。

そしたらー。
エルミタージュ美術館の作品がー。
上野は東京都美術館に来てるっていうんでー。
ここぞとばかりに行ってきましたー。

エルミタージュ美術館とはー。
ロシアのサンクトペテルブルクにある
とっても豪華な宮殿の美術館ですー。

わたしー。
ベルサイユのばらの信者なのでー。
バラの作者である池田理代子先生の作品は。
すべて読んでおりますー。

その中で。
「オルフェウスの窓」という大作があるのですが。
その漫画の舞台がここ、サンクトペテルブルク。

そして。
そのサンクトペテルブルクを大都市に
繁栄させたのが女帝・エカテリーナ。

そんな。
エカテリーナ2世の
絵画コレクションがエルミタージュ。

もちろん。
このかたの伝記漫画も池田先生は。
描かれておりますー。

そんな。
憧れのエルミタージュ美術館ー♪

作品は。
大好きなルノワールや天才ピカソなどありましたー。
1点だけだけど。

わたしは。
個人的に、自然の風景画や
女性を美しく描いた作品が好きなんですー。

なので、この。
エルミタージュから来た作品は。
どれもすばらしかったですー。

またー。
ポストカードを大量に購入しちゃいましたー。
きゃはーーん。

そして、そして。
上野公園は、紅葉がちらほらと見えていましたよー。

ちょっと、そんな予感がしてたのでー。
デジデジ持って行ってたのですが、大正解ー。

と、いうわけで。
紅葉の詳しい様子は近々、旅行ブログに
載・せ・まーーーす。

そんな。
ときめきあふれる今日の休日ー。

あー、大満足。

ごきげん
テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。